ウォールナット物語

一枚板ダイニングテーブル

こんにちは!!

山本です。

最近、接客で店内を見回してみると、よく目立つ深い黒味のある材質があるのに気付きます。。。

 

「ウォールナット」

 

人によってはウォルナットと言われるかもしれません。

今回はこの木材について、小ネタを少々。

↓画像クリック詳細 m9っ`Д´) ビシッ!!

 

当店でも人気の高い材質のようで、売れ筋にあがっているようです。

世界3大銘木に数えられるこの木材は、クルミの木として主にアメリカ中央部を中心に育生しているようです。

リスはクルミが大好物で、集めたクルミの実を冬場の保存食として土の中に隠しておきながら、埋めた場所がわからなくなり、そのまま芽を出して長い時間をかけて木材に使えるような大木に成長するとのこと。

もともと17世紀~18世紀ヨーロッパでは、貴族たちに喜ばれる高級家具として重宝されていたようで、その人気が今の時代にも受け継がれているようです。

日本では、まだ江戸時代、4代目徳川家綱が将軍の頃なんですね。。。時代を感じます。

そんな銘木ダイニングテーブルをぜひどうぞ。

写真のほかにも、多数店内に取り揃えております。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
一枚板の創作工房 近藤工芸
TEL 0120-811-459
MAIL info@kondo-kougei.co.jp
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

タイトルとURLをコピーしました