キャンペーン
一枚板工房近藤工芸
近藤工芸の一枚板天板スタイル
KAREA JAPAN
【無垢一枚板・新天板報告】 バッコヤナギ の 天板 ( 一枚板 )を掲載いたしました。【BY-3A-9693-H1】
続きを読む
【無垢一枚板作品紹介】欅一枚板リビングテーブル
続きを読む
【無垢一枚板・新天板報告】 クラロウォールナット の 天板 ( 一枚板 )を掲載いたしました。【CW-2A-9692-H1】
続きを読む

近藤工芸の「一枚板」天板 ▶人気ベスト材質 「ウォールナット」 テーブルに限らず、TVボードやソファ、箱物などどのカテゴリの家具でも一番人気の材質としても、もはや今はメジャーな存在です。 チョコレート色のような深みのあるブラウンの色合いに木目があることによってのグラデーションが、どんなタイプの家具で用いてもシックな仕上がりになるとても皆様からのお声の高い素材となります。 ですが、その分良い天板がとても売れ行きの動きが早いというのも特徴的な素材と言えます。 https://kondo-kougei.co.jp/search?keyword=%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%88&original_number= 「欅」 店内の約1割がこの素材と言っても過言ではない近藤工芸ならではの展示の数でもありますこの素材。 現状では店内に完成に近い状態での約1000枚中の100枚は欅があります。 数がある分、選びやすさもある素材でもありますが、実は表情が様々な魅せ方を持っているのもこの素材の特徴です。年代ものになるとより複雑な文様を生み出しているものもとても多く、かといってとても素直な木目がとても凛としている素材も多く、好みによっても差が出る所ではありますが、ここで感じるインスピレーションも受けやすい材質でもあります。認知度も高く日本の銘木の強さも感じます。 https://kondo-kougei.co.jp/search?keyword=%E3%80%80%E6%AC%85&original_number= ※こちらの先には神代欅も混在しております。 「神代欅」 いわゆる埋れ木として、様々な状態で起こる希少価値の産物としても名高い神代シリーズとなりますが、近藤工芸では特に欅が多く、同じ神代でも多種多様の表情を見せています。それこそ元々の欅の褐色の色合いをベースとしまして保ちながら色合いが濃くなったような茶タイプや、さらに深みを増した表情を見える焦げ茶タイプ、はたまた炭を思わせるようななんとも言えない高級感の感じる黒タイプと、これほどの違いがあるのかと神秘を感じる素材です。店舗でもご来店の皆様は、実際の物を見ながら色合いに不思議と感じて頂く天板です。 https://kondo-kougei.co.jp/search?keyword=%E7%A5%9E%E4%BB%A3%E6%AC%85&original_number= 「屋久杉」 今では、当時の流通していた素材しかお目にかかれないほどの特徴的な風合いを持つ素材です。 木目の詰まった表情と、複雑な文様がとても目を奪われる、そんな素材となります。ダイニングテーブルに利用できるようなサイズ感のものも、とても高価なものにもなりますが、まさに奇跡ともいえる存在がお部屋で堪能できるという意味合いでもとても貴重な素材です。実際には遠方の方からのお探しのお声も多いのもこの素材です。 数は多くはありませんが、一見の価値ありと言った天板のひとつでもあります。 https://kondo-kougei.co.jp/search?keyword=%E5%B1%8B%E4%B9%85%E6%9D%89&original_number= #一枚板 #一枚板テーブル #一枚板のテーブル #銘木 #家具 #木のぬくもり #木の温もり #木のぬくもりのある暮らし #木の雑貨 #木の小物 #木の家具 #
続きを読む
近藤工芸の一枚板テーブルは度々「一点物」としてのご案内を申し上げてまいりましたが、その名目にとどまらない魅力というのが、「世代を超えてお使い頂ける」ものとしての未来へつなぐ存在だということです。 もちろん、店舗と工房を隣接して構えた近藤工芸では、それらの末永くお使いを頂けるための未来へつなぐ安心という形のご提案も差し上げております。 元々の素材が完成に至るまでの、一連の加工、そして製作は工房での一貫した作業にて行える体制をとってあり、そうしてできた素材を店舗で実際にも体感して頂ける環境をとりながらお選び頂く楽しみも感じ頂き、世界にひとつだけのオリジナルテーブルを作り出します。 その上でも先々のメンテナンスとしても補修や磨き直しも 工房で行うことができ、お使い頂きながら、ご生活のスタイルに合わせてのアレンジも可能となります。 この世にひとつだけの素材、テーブルとしましてより愛着を持ってお使い頂けるそんな木を愛するお気持ちをサポートさせて頂けますようにも近藤工芸では日々新しいご提案を創造しながら、皆様の選ぶ理由につながるものを勧めてまいりたいと思います。 #一枚板 #一枚板テーブル #一枚板のテーブル #銘木 #家具 #木のぬくもり #木の温もり #木のぬくもりのある暮らし #木の雑貨 #木の小物 #木の家具 #
続きを読む
一枚板テーブルをご想定の場合には近藤工芸では、約1000枚の天板のお写真の素材からお選び頂きまして、お好みの脚をご設定の上で、テーブルの仕上げに進行しております。 天板からだとなかなか想像がしにくい場合も多いので、予めこの中からスタッフがピックアップさせて頂きました天板を、サイズ感のご想定に合わせてたテーブル状の設置をした状態の撮影もして、平行してテーブルモデルにした商品をご紹介しております。 もちろん、あくまで想像が膨らませますようにも、撮影しているのみとなりますので、天板からお選び頂く場合も、テーブル状態の物でお選び頂く場合でも、実際の天板の状態は現状は変わらないので、いずれもご依頼を頂きましてからの仕上げという形になっております。 天板からの想像もしにくいので、テーブルにしていることも、もちろん、ご案内しやすいようにもですが、一枚板の天板自体もすべてが一点物となりますため、お客様にとって、どんなテーブルの素材としましてご利用されるかは、現状では決めることができないので、テーブルとしての完成品は置いておりません。 サイズのカットや現状の形状に手を加える加工など、その天板の素材をお使い頂くに当たっての、様々なご利用の仕方もご案内できますようにということも、近藤工芸のスタイルのひとつとなります。 すべては共に生活としまして時とともに歴史を刻んで頂ける特別な一枚の素材との出会いのため、常に仕上がってくる天板をご案内続けてまいりたいと思います。 #一枚板 #一枚板テーブル #一枚板のテーブル #銘木 #家具 #木のぬくもり #木の温もり #木のぬくもりのある暮らし #木の雑貨 #木の小物 #木の家具 #
続きを読む
「GOSHIMA絨毯展-最終週-」 華やかに特別ブースに咲き開いた「百花万華」を含む特別展示会も残すところ、今週の土日を残すのみとなりました。 全シリーズどれも魅力的な絨毯で それぞれのすべて特徴がこの絨毯展では 体感できる特別な出会いが待っております。 絨毯を体感、触り心地を確かめていただくことも もちろんとなりますが、実際の絨毯の現地での メイキングや道具や素材のモデルなどもご覧に頂けます。 言葉では簡単に見えますが、実際に目の当たりにすると これがまた、ぐっと惹きつけられるんです。 座布団のサイズのものも展示しているので 椅子に置いてみたり、専用のポジションに敷かれる用に ご利用頂いたりと、使い勝手が広がるものも置いております。 近藤工芸では一枚板をそれぞれのお客様への 出会いを体感して頂く一枚板工房としても 皆様に開示しておりますが、 GOSHIMA絨毯も運命の一枚との出会いを 頂ける場だと感じております。 一枚板にも相性がよく、そして 絨毯そのものの良さを感じながらご利用頂けるからこそ みなさまの生活が気持ちから豊かに なれるということをとても嬉しく思いながら 想像を膨らませております。 11月11日(日曜日)の最終日まであとわずか ぜひとも一度ご体感下さいませ。
続きを読む
「GOSHIMA絨毯-ALMOND-」 GOSHIMA絨毯展 近藤工芸では、引き続き開催中でございますが、 添付の写真は展示上での情景のひとつなのですが 何をしているかわかりますでしょうか。 (画像ご参照) 実はこれはGOSHIMA絨毯の中でもその名も メモリアルオーダーとして一点一点をさらなる記念の一品として 織り上げるためのシリーズである「ALMOND」アーモンドのシリーズの オーダーシートの作成の様子になるのです。 タイトルにもある アーモンドの花びらには“希望”という意味があります。 人生に生活の希望の木を植える ということを意味合いをそのご家族だけの想いとして 絨毯の中のデザイン、色、オーダーメイドをすることによって 使い手の意思を込めたそれは、想いを込めた「世界にただひとつの絨毯」となるのです。 そのオーダの仕方はその家族の想いの数だけ無限大に広がるデザインとなります。 主にそのデザインの決め方としましては フィールドの色を選ぶ – 色に想いを込める – 青は鎮静、黄は喜び、緑は平和、橙は幸福、白は神聖など。色には深い意味が込められています。 飛ぶ鳥の数を決める – 鳥は家族の象徴 – お父さん鳥は先頭を飛び、お母さん鳥は優しく後ろから子供達を見守る。どんな家族でありたいか。鳥がいつでも指し示してくれています。 花びらに色をつける -希望の花びら- 家族一人一人が、それぞれの願いを込めた希望の花びらを咲かす。毎日願いを込めた花びらを撫でるなど様々な使い手の暮らしとのつながりを表現できます。 まさに 「意思のある絨毯」として人の暮らしに、人のつながりに、家族の想いに、 毎日にともにすることの意味を心の豊かさにもつながる特別な一枚としてつくりあげることができるのです。 絨毯展はまだまだ続きますが、実際に見て触れてと体感できるのは 11月11日(日曜日)までの限定期間となります。 この機会にぜひともご体験頂きたいと思います。
続きを読む
近藤工芸で一枚板を選ぶ理由
お客様の声
山林事業部山林売却募集要項
ふるさと納税「木の生活道具」
サンプル貸出サービス
近藤工芸付近にある様々なスポット
2018年年末年始の配送とご注文に関しまして
工房紹介

店舗にて全てご覧いただけます

WEBに掲載しております一枚板は、全て店舗にて展示しております。1000枚を越える圧巻の展示枚数で、お客様をお迎え致します。 展示しております一枚板は、全て製材済みかつ下地塗装を行っておりますので、 完成時に近い色味や質感をご確認頂けます。是非店舗で自然の息吹を感じて下さい。 →店舗案内

近藤工芸は林業から

ただ仕入れて販売するだけの他社と圧倒的に違うのは、林業が母体となっている事。 自社林を所有し、木を育てる事から始め、伐採、製材、加工、販売までワンストップで行っています。 人気の世界三大銘木であるウォールナットや、チーク、マホガニー等、海外産の原木も、 木のスペシャリストが全国各地の原木市場にて、自らの目で確かめた良質の丸太を仕入れ、 自社工房で製材を行っています。 →工房紹介

専任担当者がご案内致します

お客様に安心してお選び頂けるよう、当店ではお客様ごとの専任担当制となっております。 お問い合わせから、販売、アフターフォローまで、お客様ごとの専任の担当者が、 お客様の一枚板選びをサポート致します。 オーダーメイドのお見積りやご相談等はもちろん無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。