【かわら版】近藤工芸のお店の様子

かわら版

皆様こんにちは! 大澤です。

本日7月7日は七夕……愛媛県の天気はあまり良くないのですが、織姫と彦星は会えるのでしょうか?

近藤工芸が位置する小松町は、旧の七夕もお祝いするので もう1度チャンスがありますね!

 

それはさておき、オンラインショップになにやら オーラを放つバナーが増えました!

 

7月8日から29日の3週間、謎の企画が始まってしまうというのです。

今までとは違ったタイプのキャンペーンになっていますが……詳細は上の画像をクリックしてください!

 

—————————————————-

 

さて。お店のディスプレイは毎週金曜日に変わる……とお伝えしたことがありますね

本日は少し趣向を変えて、近藤工芸のお店の 6月22日と、7月6日の様子を比べてみましょう!

今回はライブ感(?)を出すため、画像にはほとんど手を加えずにお届けしています。

  

                 ↓

7月22日には、布張りのソファが革張りのカジュアル系ソファに!

一枚板はブラックチェリー(BC-3A-6650)から、サクラ(SA-3B-6569)になりました。

TVボードのあったところは、楢のチェストに。その上には近藤工芸の立てる家のポップも置いてあります!

 

                 ↓

上記の布張りのソファと、チェリーの一枚板がやってきました。TVボードはニューフェイスです!

ちなみに、6月にディスプレイされていたソファチェアは、同じ一枚板とともに移動しています

たとえ 同じ家具・同じレイアウトでも、周りの雰囲気が変わると、家具の印象も変わってきますね!

 

                 ↓

特徴的なラインを描く欅の一枚板(KE-4B-4986)。周りの椅子がオリジナルチェア・リフレから、

スコープチェア各種(ウォールナット、ナラ、ブラックチェリー)になりました! 

ややシャープな印象になりました。チェアのデザイン選びも大切です。

 

つい先日、お嫁に行ったウォールナット材フレームのソファ。グレーのファブリックも上品だったソファが、

ブラックチェリーにホワイトの座面という 明るいタイプに変わりました。

どちらも魅力的で、悩ましいですね……! 正反対なカラーだと、こっちもなかなか……という思考が出てきます!

 

一枚板商品のほか、素敵な家具も 豊富に取り揃えております。

ぜひ店舗へもお越しくださいませ!

 

近藤工芸は、一枚板のダイニングテーブル・食卓テーブル・学習デスクなどを中心にオリジナル創作家具をお届けしています。
こだわりの一枚板を素材として、100年先へ受け継がれる家具をご提供致します。
珠玉の一枚板創作家具はWEBで好評販売中!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
一枚板の創作工房 近藤工芸
TEL 0120-811-459
MAIL info@kondo-kougei.co.jp
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
お気軽にお問い合せ下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました