創作家具工房

かわら版


近藤工芸では併設工場にて一枚板(天板として使う)を生産しています。
切っては磨き、磨いては切る。
特に一枚板は、天然のミミの部分(表皮に近いところです)をより美しく、より自然のままうまく加工しなければならないので、なかなか神経質に作業に当たらなくてはいけません。
もちろん、天板の表面の凹凸なども許されません。
職人の繊細さ、感性などが求められます。
近藤工芸の職人は、自分が磨いた板をどんな人が買ったのか、どんな使い方をするのか、よく営業スタッフに尋ねます。
それだけ愛着を持って家具を創る、近藤工芸の自慢です。
日々、近藤工芸を影から支えてくれている職人さん達に多謝、です。

タイトルとURLをコピーしました