一枚板の学習デスク

一枚板デスク


 今回は学習デスクの意味について考えて見たいと思います。

 皆さんは、学習デスクにどのような思い出をお持ちでしょうか?一生懸命勉強をしたり、本をよんだり、手紙をかいたり・・・「自分のスペース」として活用されてきたのではないでしょうか?大人になられてからも職場、家庭において「自分の机」「自分のスペース」とは心地よく、落ち着く場所として無意識の間に、あたり前に使っているのではないでしょうか?

 わたくしの考える学習デスクとは、ただ単に勉強をする場所だけではなく、自分を磨き、癒やし、心身ともに成長させてくれるプライベートスペースです。
 HPにも紹介されています【DIS-53】は、130年の年月を生き抜いたブラクウォールナットの天板を使い、学習デスクを造っています。天板の色、造形の美しさもさることながら、このデスクの素晴らしさは、溢れんばかりの生命力です。
 今もなお呼吸を続け、生き続けている天板に向かい、日々学ぶことの価値を文章で表すのは野暮でしょう。ぜひ実際にご覧になって、この不思議な感覚を味わっていただきたいものです。
         佐伯

タイトルとURLをコピーしました