【ソファー】イージーチェアとオットマン

無垢家具

こんにちは、近藤工芸の臼坂です。

先日、ラグジュアリーな高級ホテルの紹介するWEBサイトに

 

  日常から開放され、ゆっくり流れる時間。

  くつろいだ空間で小説に没頭してみる。

  こんな何気ないひとときが、最高の贅沢に変わる瞬間。

 

なんて、想像をかきたてる写真とこのコピーがありました。
私は、ただただ羨ましいこの雰囲気にため息がつきました。

こんな、贅沢な時間を過ごすというシチュエーション
きっと、この椅子もとても似合うんではないか
と思い紹介させて頂きます。

オークと竹を使ったイージーチェア

イージーチェアとオットマン

 

オークと竹を使った
ライト色の繊細なゆっくり寛げるチェアです。

フレームは、細めで華奢な印象に仕上げています。
クッションは、座面は比較的堅めで腰をしっかりと支えてくれます。
背もたれには、ふんわり柔らかく仕上げ、優しく包んでくれる感じです。
このように、堅さを変える事で、
身体を、ゆったりと預けたくなるような気持ち良さが味わえます。

サイズ:イージーチェア:W700×D755×H900

チェアの肘掛は石畳組み継ぎ

肘掛のかど、チェアの正面部分に当たる所は
石畳組み継ぎ(いしだたみくみつぎ)と言って
なるべく釘などを使わず家具を、組み上げる技術が使われています。
天然色の木の風合いが、色のコントラストを出していてとても綺麗です。

竹を格子状にした背面のイージーチェア

背面には、竹を格子状に等間隔で配置。
その一本一本は細く、華奢な印象ですが、面としてデザインされ
しなやかな家具としての強度を充分保たれています。

 

背面の竹のアップ

竹の節の分が、不規則に並ぶ事で、

デザイン的にもアクセントになっていて素敵です。

 

ーク材と竹のイージーチェア側面

横からみると、オークの枠に竹を組んでいく事でで、
透け感のある膨らみができ横からみても、素敵です。

 

オーク材オットマン

オーク材オットマン

サイズ:オットマンW510×D425×H380

オットマンも同じ素材を使用し脇役ながらも存在感を出しています。
イージーチェアに座り、オットマンに脚を乗せると
本当に、寝てしまいそうなくらい、くつろげますよ。

 

如何でしょうか、自分だけの贅沢な時間をこのチェアで
現実にしてみませんか?
お問い合わせは、近藤工芸まで

 

近藤工芸は、一枚板のダイニングテーブル・食卓テーブル・学習デスクなどを中心にオリジナル創作家具をお届けしています。
こだわりの一枚板を素材として、100年先へ受け継がれる家具をご提供致します。
珠玉の一枚板創作家具はWEBで好評販売中!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
一枚板の創作工房 近藤工芸
TEL 0120-811-459
MAIL info@kondo-kougei.co.jp
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
お気軽にお問い合せ下さい。

タイトルとURLをコピーしました