動線と家具のサイズについて

家具をご購入する前に、必ずご確認いただきたいのは「動線と動作空間を確保できるか」ということです。
動線とは、日常生活の中で人が動く軌跡のこと。動作空間とは、人が動作をするスペースのことを指します。
どんなに素敵な家具をご購入いただいても、通行の妨げとなってしまっては素敵な家具だとは言えません。
お部屋をどのように使うのか、普段の生活を思い返しながら家具をお選び下さい。

  • サイズについて

    家具を選ぶ段階で最も大切なのはサイズです。
    天井の高いショールームで見た家具を搬入して、大きさのギャップを感じた方も多いはず。
    家具本体の大きさはもちろん、引出しや扉が開けられるか、歩くためのスペース確保できるかも考慮する必要があります。
  • 動作空間の確保

    家具の周りには、動作空間(人が動くためのスペース)が必要になります。
    横を通ったり、人同士がすれ違ったり、家具の扉や引き出しを開けることも日常では欠かせません。
    動作空間を誰かが通ることになってしまうと、その人の動作は妨げられてしまいます。
    下記に動作空間の例を提示してみました。実際は多少前後しますが、ご参考にどうぞ。

    画像:動作空間の確保
    動線空間の例
    1.人が通る
    :60 cm~
    ※横を向いて通る場合
    :45 cm~
    2.人と人がすれ違う
    :110cm~
    3.人が物を持って通る
    :65 cm~
    4.椅子を引いて座る
    :80 cm~
    5.椅子に座っている人の後ろを通る
    :95 cm~
    6.開き戸や引き出しから物を取る
    :80 cm~

    ※最低限必要な空間の例です。
    ゆとりを見込んでいただくと、よりスムーズな動線空間を確保いただけます。

  • 視線と配置

    出入り口付近や、お部屋の中央部に背の高い家具を置くと、お部屋全体を圧迫してしまいます。
    また、中央に背の高い家具を置くことは、家具の固定がしづらくなるため危険です。
    左右に家具を配置する際には、視線の手前側に背の高い家具を、奥側に低い家具を置くと、
    遠近感が出てお部屋をより広く見せられます。家具の奥行きや高さ・色合いを統一することも、スッキリ見せるポイントです。
  • イメージと搬入経路

    意外と忘れがちなのが、お部屋まで家具を搬入するための経路です。
    悩んで選んだ家具が入らない……とならないためにも、玄関の幅・廊下の幅、お部屋のドアの幅をはじめ、
    マンションや2階に設置する場合は、階段やエレベーターのスペースも測ります。

    測ってみたけれども、不安が残るというお客様のために、
    近藤工芸では事前に家具をお部屋に搬入できるかお見積りするサービスを行なっております。
    詳しくは「ツーマン配送について」のページをご覧ください。

    お部屋の広さや間取りによっても、家具のサイズや配置が異なってきます。
    一般的な家具のサイズの選び方や、気をつけていただきたいことをご紹介致します。

  • ダイニングルーム

    テーブルに向かうときは、一人分の占有面積を幅約60cm、奥行き約40cmと考えます。
    加えて幅は30cmほど広いものをお選びいただけると、よりゆったりとお使いいただけます。
    テーブルの奥行きは80cm程度あれば、向かい合った椅子をテーブルの下に収納可能です。

    長方形や正方形のテーブルは、壁やキッチンカウンターに沿って設置することができ、省スペースでの設置が可能といえます。
    円形やオーバル(楕円)、ビーンズ型などは、角がない分スムーズな動線確保が可能です。

  • リビングルーム

    ソファに座った際の一人分のスペースは幅60cmほど。
    寝転がって使用したり、ゆったりと2人で座るなら座面の幅130~150cm、奥行きは70cmくらいが目安です。

    センターテーブルを設置する際は、ソファとの間を50cm程度開けると、脚をゆったり伸ばせます。
    ソファとセンターテーブルの高さが同じか、テーブルの方が5cm程度高くなるのが理想的です。

    TVボードの高さは、座って見たときにテレビの中心と目線がほぼ水平、もしくは少し下がるぐらいが適切です。
    座る位置とテレビの設置位置は、テレビ画面の縦サイズの約3倍ほど離れているのが理想的とされています。

  • ベッドルーム

    一日の疲れを癒すベッドルームは、一生の3分の1を過ごす大切な空間です。
    マットレス選びはもちろん、設置スペースも考慮する必要があります。

    ベッドの周りには、通路として65cm程度のスペースを確保して下さい。
    壁際に設置する場合は、かけ布団がずり落ちたり、湿気の発生を防ぐため10cm程度開けましょう。
    さらに、足元(フットボード側)にも50cmほどのスペースがあると、ベッドメイキングが問題なくできるはずです。
    また、宮付きの場合や収納引出しが付いたタイプは、タンス・チェスト同様にその可動域に注意しましょう。

    チェストやドレッサーも同様で、引出しや扉を開けるためのスペースを確保して下さい。
    もちろん、引き出しや扉の造りも重要なポイントです。
    毎朝の支度をすることを考えると、ストレスの溜まらない開閉ができるものがよいでしょう。